MENU

マンション売却立会い時の注意点とポイント

転職や転勤などでせっかく買ったマンションをやむなく売却したいとなった場合には、どうせ売るのであれば元は取れないまでも少しでも高値で売りたいというのが大方の人の本音でしょう。
ましてや、家は多くの人にとって人生で一番大きな買い物になった訳ですから尚更です。

 

とはいえ、高値で売却するにはどうしたら良いのか分からないという人も多いでしょう。そこでここでは、マンションを少しでも高値で売る為に知っておきたい立ち会い見学における注意点をいくつか紹介します。

 

マンション内覧見学はとても大事

 

内覧すなわち見学とは、マンションを購入したい希望者向けに実施する物です。自分が家やマンションを購入する際には、必ずと言っていい程実施するはずです。ましてや一生で一度の高い買い物をするのに。間取り図だけを見て購入を決める人などほぼ存在しません。

 

基本的には、仲介業者である不動産屋さんに鍵を預けて、紹介などをお願いすれば、必ず立ち会わなければならないという義務はありません。しかし、少しでも高値でマンションを売りたいと考えるならば、立ち会った方が高値で売れる可能性は高まります。

 

特に、実施にまだ居住中だった場合は必ず内覧には立ち会った方が良いでしょう。何故なら仲介業者である不動産屋さんはその物件についての一通りの情報は知っていますが、実際に住んでいる訳ではないので、そこで実際に住んで生活してみた際の実体験は伝えられません。その点、実際に住んでいた売り主であれば、例えば近所にあるスーパーなどの細かい情報などを教えてあげると、購入する人にとっては臨場感が湧いてくるので、実際に自分が住む時のイメージが膨らみ、早期購入にも至りやすいです。

 

内覧には立ち会った方が良いのか?

 

もう居住していない場合でも、なるべく内覧には顔を出した方が良いでしょう。というのも、いくら住んでおらず空室状態になっていても、少しずつですが室内は汚れてしまいます。その為売却期間中は、定期的に掃除をしたり、こもりがちな空気を換気したりして、なるべく不快なニオイを軽減するなどメンテナンスも必要です。その流れで、内覧に立ち会うというも良いでしょう。先程述べた通り、このマンションに住んだらこんなメリットがあるという事を伝える事が重要です。

 

内覧で立ち会う際に購入希望者に話す事として重要になるのが、売却する理由です。「赤ちゃんが出来て家族が増えて手狭になった」、「転勤で手放すことになった」など購入希望者が納得できるような理由を自分に不利益が無い範囲で正直に答える必要があります。そうしないと購入希望者は不安を感じて購入に二の足を踏んでしまうかも知れません。

 

 

まとめ

 

いずれにしても、購入希望者が内覧をしたいという場合は、自分が住んでいる場合は不動産屋さんと連絡を蜜にして、購入希望者の都合に合わせて内覧が実施できるようにしておくなど事前の準備なのは言うまでもありません。

 

不動産というは常に価格が変動しており、売り時を逃してしまうと高値で売れなくなってしまう可能性もあるので、なるべく購入希望者が内覧をしたい日時に実施して、立ち会う際に好印象を持ってもらう事が何より重要です。