MENU

マンション売却で高く売れるマンションの特徴

ここ数年では中古マンションの中では購入価格をやや下回るか、
あるいは購入価格を上回る価格で売れるケースが出ています。

 

このように高く売れる中古マンションには、いくつかの特徴が存在しています。
高く売れるマンションの特徴としては、まず都心などの好立地にある物件であることが挙げられます。

 

会社への通勤時間が少なくてむす地域や住むことでステイタスの上がる地域の物件では、
入居需要が高いことから中古マンションでも高く売れることが多いです。

 

近年では不動産業界では都市と地方の2極化が進んでいるため、
都市の人気地域の物件であれば高く売れる傾向が出ています。

 

耐震・免振構造がきちんとしているか?

 

次に高く売れるマンションとしては、耐震性の高い物件であることが挙げられます。

 

日本では大きな地震が定期的に起こっているために、
マンションに対しては耐震性の高さが求められるようになっています。

 

そうした環境から、免震構造のしっかりとしている物件であれば、
中古物件であっても高く売れることが起こっています。

 

また、マンション内に災害時用の水や食料の備蓄施設があったり、電力がいつでも供給が
できるガスタービスが設置してあると、さらに物件への人気が高まる傾向があります。

 

次に高く売れる物件として、高級感のあるタワーマンションであることが挙げられます。

 

タワー型では高層階からはキレイな夜景が楽しめるために、富裕層を中心にして
タワー型を好む傾向が起こっています。

 

ここ数年では富裕層と中流層の格差も拡大しているため、富裕層に需要のある物件は高く売れる傾向が強まっています。
次に高く売れる物件としては、室内をオシャレにリノベーションしてから販売しているところが挙げられます。

 

室内の内装として若い人などが好むような壁紙を使ったり、使い勝手の良い収納スペースを作ったりしておきます。

 

そうしたリノベーションの結果として物件自体の魅力が上がり、高く売れるケースに繋がってくることがあります。

 

また、アイランドキッチンなどの人気のある設備を導入しておくことも、物件価値を高める方法となっています。