MENU

中古マンション売却時の手続

マンションを売却する際、最初に確認しておきたいことはその動機です。買い換えを検討している場合や住宅ローンを清算するため、転勤など様々な理由があります。理由によっては、早く処分したいケースや1円でも高く売りたいケースなどが出てきます。そして、買い換えであれば新たに購入するマンションの購入時期にも影響を与えます。そのため、動機を明確にし、優先順位をつけておき、それを業者に示すことでスムーズに売却の手続きがいくようになります。

 

売却の第一段階として査定、調査があります。売却価格をいくらにするか決める大事なものです。不動産会社に任せることになりますが、それをいくつかの会社にお願いすることで適切な売却価格が分かり、すぐに売れるだけでなく、不要な安売りをせず、1円でも高い状態で売却することが可能になります。こうして様々な業者に査定をしてもらい、信用できる業者を選び、そこと契約を結び、売却に向けた動きがここから始まることとなります。その後、購入希望者が見つかれば、内覧などをしてもらって納得してもらえれば売買契約につながります。

 

契約では買主側、売り主側に売買の意思があるかどうかが問われ、その確認が行われます。そして、重要事項に関する説明が不動産業者からなされ、それに納得してもらい、手付金のやり取りが完了した段階で売買契約が締結されます。この契約の際に、売り主側は、登記に関する書類や実印、印鑑証明書など様々なものが必要になるのに対し、買主側は印鑑、手付金、印紙代などわずかです。こうして売買契約が締結された後は、引き渡し日、もしくは住宅ローンの決済日までにローンの返済や抵当権の抹消手続き、書類の準備、水道やガスなどの転居手続き、引き渡しの準備を急ピッチで売り主側は行うことになります。これを怠ると損害賠償を負うことになる可能性があり、注意が必要です。

 

その後、売り主、買主双方が物件をチェックし、引き渡しができる状態になれば登記に関する書類を確認し、残りの代金のやり取りを行います。そして、固定資産税の清算、その他関係書類のやり取り、カギの受け渡しを経て、仲介手数料を双方が支払い、これでようやく引き渡しとなります。

 

ここまでの一連の流れはどこの業者であっても変わるものではありません。そのため、事前に準備できるものを準備しておき、業者から言われる前にやっておくことでスムーズに事が運ぶようになります。登記関係が売り主にとっては一番大変であり、用意する書類も多くなります。登記関係を担う司法書士を不動産会社側が用意する場合、もしくはこちら側で用意する場合と様々です。また、売却価格をアップさせるために何をしておくべきかというレクチャーもなされ、難しいことはほとんど不動産会社がやってくれるため、不動産会社の言うことをしっかり聞き、不備がないようにしておくことが大切であり、契約が済めば引き渡しの準備がすぐにできるよう動いていくことになります。