MENU

マンションの管理組合、自治会とは

マンションに居住することには、メリットとデメリットがあります。そのメリットを有効に活用しデメリットの部分はうまくカバーして、より快適な生活をしたいものですが、毎日の生活の中ではいろいろな個人的、社会的問題が起こってくるのが常のことで、殊にマンションに住んでいる場合には、自分だけの考えではどうにもならないことも多く、良い生活環境を得るためには、居住者同士が協力し合っていくことが重要で、これを円滑に進めていくためにはある一定の目的をもった組織が存在することが必要になってきます。
その一つは、マンション自体の管理又は使用に関する事項について、区分所有者の利益を増進し、良好な住環境を確保するための管理組合と、もう一つは地域の居住者としての利益を享受し、あわせて守るべき責任をはたすことで地域生活の安定を目指すための自治会です。
管理組合とは、分譲マンションを購入した人(区分所有者といいます)で構成される組合組織で、区分所有者になると自動的に管理組合員になり、住戸を売却する等して区分所有者でなくならない限り、組合を脱退することはできません。組合員は一区分につき一人で、所有者の同居人や、所有者から住戸を借りて住んでいる賃貸人は組合員になることはできません。一人で複数の住戸を所有している場合でも、区分所有者は一人なので、組合に入れるのはその人一人です。
各区分所有者は、固有財産として住戸を占有部分していますが、その住戸以外の、建物の廊下やエレベーター、非常階段、給排水・電気設備、駐輪・駐車場、敷地等の住戸以外の全ては共用部分であり、その共用部分の維持管理を行って住人が快適に暮らすようにすすめ、その上にマンション全体の価値を維持し、高めることが管理組合の目的です。
管理組合はその目的のために、管理費や修繕積立金を負担・徴収し、建物の管理をし、駐輪・駐車場使用・ペット飼育等の住人が守るべきルール等を決めるのも管理組合の仕事で、組合は理事長以下役員が選任され、理事会や総会を通じて必要な事項が処理されていきます。場合によっては専門の管理業者に管理業務を委託することもあります。
自治会は、、管理組合とは別の組織で、居住者が地域の清掃活動や消防訓練、祭り等の企画・運営を通してコミュニティ内で快適に生活できるように活動している組織で、また、行政や警察などの関係各所と連携・協力して環境整備の改善や治安維持を行っている自治会もあります。加入は任意ですが、ゴミの収集等は各地域毎に責任者をきめて管理するのが一般的で、また、こども会関係、高齢者の見守り等居住者全員が参加して行うことがより有効で活発な活動が期待できます。自治会長以下の役員を総会で選出し、役員を中心に諸々の事項が勧められます。運営に要する費用は主に居住者から集める自治会費で賄われており、自治会費は口座に預金して収支の管理をしています。役員会をへて総会で承認を受ける等して活動がすすめられていきます。