MENU

中古マンション購入時の値引き交渉コツ

居住するための住宅を探している方の中には、マンションを購入することを希望している方も大勢います。一戸建て住宅とは異なり、面倒なメンテナンスなども比較的少ない物件として住むことができ、屋根や外壁などの部分に対しても個人的にリフォームする必要がないので、経費を抑制できる物件が多い傾向にあります。一戸建て住宅の場合では郊外型として建てられていることが多いものですが、マンションの場合では基本的には交通の便に優れている場所に建てられていることも多く、通勤や通学、買い物などに不便さを感じることがない物件も多数見ることができます。マンションを探している方の中には、中古物件で探している方も多く、現在では注目されている物件になります。中古物件の場合では当然ながら新築よりも安く購入することができ、リフォームなどを行うことを希望されている方の場合でも、安く購入できた分、他の資金をリフォーム代に充てることができるので、非常に好まれている物件として挙げることができます。このようにメリットのある物件になりますが、実際に中古マンションを探している方の中には、売り出されている価格から値引きを行ってもらうことを期待している方も存在しています。購入時の値引き交渉に関しては、一定のコツというものがあり、事前に把握しておく方法で上手に交渉を行うことができる可能性が高まります。まずは、オーナーの状況を把握する方法があります。直ぐにでも資金を必要としている方がオーナーの場合では、値引きに応じる可能性が十分にあるので、不動産会社の担当者と十分に話し合いを行うことがおすすめの方法です。周囲の物件と比較検討を行う方法もあります。同じような間取りで同じように築年数の物件を近隣で探し、その中から安い価格で売り出されている物件があれば、比較材料として出すことができ、その物件と購入を迷っている旨を不動産会社に伝えてみることも一つの方法です。物件の状態について調査を行うことも大きなポイントになります。例えば入居後に床材を張り替える希望をしてたり、クロスを張り替えることを希望する方、バスルームやキッチンなどの水周りの設備機器などを新しく交換することを希望している方であれば、その旨を伝える方法でリフォーム代金が差し引かれる可能性も無いとは言えません。本気度というものを不動産会社の担当者に見せることも良い方法になり、真剣に物件の購入を希望しているのですが、価格設定に不満を持っていることを伝えることもコツとして挙げることができます。どのような物件であっても、価格交渉を行うことに関しては、決して珍しいことではないので、オーナーの情報から周囲の物件の情報、物件自体の状態などを細かくチェックを行う方法で、値引きに応じてくる場合もあります。肝心なことは決して諦めることなく交渉を続けることになりますが、無理な交渉は逆効果になってしまう可能性も否定できないので、適度な範囲で行うことが大切です。