MENU

東急不動産のマンションの特徴

東急不動産は1953年に設立され、マンション分譲・一戸建て分譲をメインに運営されている会社です。

 

関連企業に東急リバブルや東急ホームズ、東急コミュニティーなどがあり、
不動産売買や分譲住宅購入後のアフターサービスなど、不動産全般を網羅しています。

 

東急不動産のマンションである「ブランズ」シリーズは、「人生を極める住まい」をコンセプトとしています。
「Bloom〜感性を花開くデザイン」「Revolute〜革新を志す品質」
「Achieve〜個性と強調を輝かせるサポート」「Neologize〜比類なき住まいへの挑戦」
「Z〜究極への証」の頭文字を取って「BRANZ」です。

 

関東や関西を中心に次々新しいマンションを建設していますが、用地選びには非常にこだわっており、
利便性・周辺環境・顧客ニーズなど様々な情報をもとに、決定されています。

 

東急不動産マンションの規模

 

規模も30階以上の高層タワー型マンションから30戸程度の小規模マンションまで様々です。
ファミリー層を中心としたタイプの場合、だいたい70平米弱〜90平米弱程度の広さで、
間取りは2LDK〜4LDKでの設定が多くなっています。

 

全室洋室のタイプや和室を取り入れているタイプ、また上階ではサービスバルコニーや
ルームバルコニーなどがついているタイプの部屋もあります。

 

部屋の内装は床やドアは薄めのベージュ系が標準ですが、早い段階で契約すればカラーセレクトができ
別の色に変更することが可能です。

 

照明はすべてLED電球を採用しています。キッチンの設備は、見た目も美しくお手入れも
簡単なガラストップコンロが標準装備されていますが、希望であればIHに変更することが可能です。

 

食器洗い乾燥機や浄水器一体型シャワー水洗、ステンレスワイド静音シンクなどが備わっており、
とてもすっきりしたキッチンです。

 

BRANZの浴室

 

バスルームには浴室暖房乾燥機、ミストサウナが搭載されています。保温浴槽を採用しており光熱費も節約できます。
リビングには床暖房が設置されており、床材にはワックス不要で傷がつきにくい
高耐久幅広フローリングが使われています。

 

間取りによっても異なりますが、ウォークインクローゼット・洗面所のリネン庫
・納戸・トランクボックスなどがある部屋も多く、収納力も優れています。

 

セキュリティーについて

 

防犯面にも力を入れており、警備会社と提携し24時間セキュリティシステムが採用されていおり、
火事や異常事態などの緊急時にはすぐに専門スタッフが駆けつけてくれます。

 

また玄関の鍵には複製が困難なクラビスキーを使用していまし、サムターン回しやバールなどによるこじ開けなどにも対処できるようになっています。1階住戸には防犯ガラスやルーバー面格子なども使われています。
購入後2年間はアフターサービスがあり、戸のがたつきやクロスのはがれなどの住まいに関する不具合などがあれば無償で補修を行ってくれます。また共用部・専有部の設備管理や点検、管理組合のサポートなどは系列会社である東急コミュニティーが行いますので、安心感があります。