MENU

マンション売却時の司法書士は不動産業者に複数紹介してもらい値段が安いのを選ぼう

マンションの売却を行う場合、売主は所有権の移転などの手続きをする必要があり、
それをしない限りは売却はできません。

 

司法書士の仕事としては所有権の移転、
そして、抵当権の抹消の準備をしていくというものです。

 

所有権の移転は不動産の名義を売主から買主に変えるというものです。

 

抵当権の抹消は、住宅ローンでマンションを購入していた場合に設定されるものが
抵当権であり、設定されたままでは売却できないことから、

 

金融機関と連携し、スケジュール調整を行い売れるようにしておくというものです。

 

一般的に登記に関する手続きは司法書士が行うことになります。
売主としては、所有権の移転に関する関係書類、抵当権抹消に関する
関係書類を用意し、それから司法書士に委任します。

 

司法書士に支払う費用

 

司法書士に支払う費用としては、登録免許税報酬2つです

 

登録免許税は国が定めたものであり、司法書士によって違いが出るということはありません。
例えば、抵当権抹消で発生する登録免許税は不動産の件数1件につき1000円となっています。

 

司法書士の報酬として払うのは1万円前後となっています。

 

所有権移転の場合には課税標準額に応じて段階的に高くなっていき、
3000万円程度の課税標準額であれば5万円前後が相場となっており、

 

この額は司法書士によってバラバラです。
 
そして、費用負担に関しては、地域によって習慣が異なることが言われています。
例えば、
関西では所有権移転の登記に関しては買主が負担し、
抵当権抹消については売主が負担するという習慣になっています。

 

一方、関東では売主が登記に関する費用を出さず、
すべて買主が出すということになっているため、どこで購入するか、
売却するかによっても地域差が出てきます。

 

 

司法書士の選び方

 

司法書士を選ぶ場合、場合によっては仲介業者が決めてしまい、
その指定された司法書士にお任せするというケースが出てきます。

 

不動産の売買に慣れている人の場合には司法書士は買主が事前に
用意しておくのが一般的となっており、

 

指定された人を使うということはしなくても問題ありません。

 

しかし、初めて売買を行う人などは司法書士を用意していません。
そうした場合に指定された司法書士を使うことになります。

 

そして、売主の場合も、買主が用意した司法書士を使うことになります。

 

これには理由があり、何らかのミスが司法書士にあった場合、
責任は買主に行くため、売主側のリスクを下げることが可能になります。

 

指定された司法書士を使う場合、なんらかの理由をつけて値段を吊り上げられる
可能性もあり、そのバックマージンを仲介業者はもらうなどして、

 

その結果として高いお金を出すことになってしまいます。

 

ただ、不動産業者に複数の司法書士を紹介してほしいとお願いすれば、
最初は嫌な顔をしながらも、渋々ながら紹介してくれます。

 

また、こちら側でも探すなどして値段の安いところを選ぶことにし、
費用負担をできるだけしない形にしていくことが大切です。

 

>>マンションを高く売る時期について<<