MENU

中古マンションの個人売買の注意点

中古マンションを個人で売買する時にはさまざまなメリットやデメリットがあり、注意点もあります。
それを深く知らずに行うことによってさまざまなトラブルが起きてしまう可能性があります。

 

法律上の問題では中古マンションを個人で売買しても何も問題はないのですが、業者を仲介しないので個人間の交渉や調整や手続きを全て自分で行う必要があり、トラブルが発生した時も自分で解決しなければなりません。
トラブルが起きやすい注意点としては契約をしたのに、後で契約と違うと文句を言われたり、金額に納得されなかったりといったことで売買そのものの話がなかったことになるケースがあります。
これは業者を通しての契約の場合でもよくある話になりまして、業者はプロですからどういう風に交渉したら良いのか分かっており、トラブルが起きづらく、トラブルが起きても対処法を知っています。

 

また大きな注意点としては個人で売買するにしても相手が業者などのプロの場合も多いです。
こちら側は個人ですので素人になりますから上手く騙されたり、言いくるめられたりして条件や金額で不利になってしまうこともあるでしょう。
中古マンションの個人売買をする時は知識をもっておかないとデメリットの部分が増えてしまうでしょう。

 

そして一番ややこしく注意しなくてはならないのが法律的な手続きの部分になります。
業者に依頼いるとややこしい手続きも代行してもらえますが個人売買の場合は全てを個人で行う必要があるたた手続きも当然ながら自分でしなければなりません。
近年ではインターネットの普及によりまして、不動産も個人で売買されることが多くなったのですがマンションの場合は少しややこしくなります。
ややこしい問題を自分一人で解決するのは難しいと感じた場合は、この手続きの部分だけを専門家である司法書士や行政書士に依頼するのが良いかもしれません。
法律的な手続きは素人だと難しく、登記の経験がないと間違ってしまったり、スムーズにできなかったりする可能性が高く、信頼できる人に頼むのと良いでしょう。

 

細かい注意点になりますが、個人売買は個人で行うものになりますので値段設定なども自由にすることができます。
しかし、相場とかけ離れたものだと売ることもできませんので、相場を調べることも大切になります。
業者に代行してもらう場合だと業者からアドバイスを受けたり、相場を教えてもらったり相談しながら決めることになりますけど、ここも自分で調べる必要があり、高すぎても安すぎてもいけないので徹底的に調べた方が良いでしょう。

 

周囲の物件の相場を見て考えるのが普通ですが、あくまでも中古マンションになりますので、経年劣化やどれだけの価値があるか、下がっているかも含めて考えなければなりません。

 

このようなことが中古マンションの個人売買の注意点になりまして、自分で行うからこそ注意したいことがたくさんあり、それらはメリットにもデメリットにもなります。