MENU

事故歴のあるマンション売却コツは複数の不動産業者に依頼しましょう

事故歴のあるマンションを売却する場合は、必ず、その件について説明する義務があります。
そのため、それによって買い取りを拒否されることや、買い取りが受け入れられたとしても、その価格が低下することは避けることができません。このような事情から、ある不動産業者に買い取りを依頼して、査定額を安く見積もられると、それで妥協してしまったり、買い取りそのものを拒否されたりすることで、手詰まりになってしまうこともあります。

 

しかし、事故歴のあるマンションの扱いは、不動産業者によって変わってきます。そのため、ある不動産業者では買い取りすらしてくれないようなマンションでも、別の業者であれば、多少の値引きはあっても買い取ってくれたり、あるいは、通常のマンションと同じように買い取ってくれたりする場合もあります。そのため、複数の不動産業者に買い取りを依頼することは、非常に重要となってくるのです。

 

複数の不動産業者に買い取りを依頼すると言っても、手当たり次第に依頼をするのでは、状況を把握するのが面倒になりますし、連絡を取るのも面倒になります。そのため、依頼する不動産業者の数は、徹底的に絞り、3つ程度にまで抑えておくことが推奨されます。そして、そのためには、インターネットを利用して情報を集めていくのが、最も効率的であると言えるでしょう。

 

このような場合に活用したいのが、一括査定サイトなどです。このようなサイトでは、必要な情報を入力すると、サイトに登録している不動産業者が大まかな査定額を提示してくれるため、複数の不動産業者の査定額から、おおよその相場を把握することができるためです。また、これにより、極端に安い査定額を付けている不動産業者を依頼する対象から外すことができるだけでなく、極端に高い査定額を付けている不動産業者の不自然さも分かるようになります。

 

さらに、不動産業者の信頼性も重要な問題となります。これについては、口コミサイトなどを活用することが推奨されます。もちろん、ここで評判の悪い業者は、一括査定サイトで高い査定額を付けていても、実際に査定してもらうと何らかのトラブルが発生する可能性が考えられるため、依頼する対象から外し、評判が良く、それでいて査定額も高い不動産業者を絞り込んでいくようにしましょう。

 

このようにして不動産業者を絞り込めば、後は事故歴のあるマンションの買い取りを依頼することになります。その後は、実際にマンションを見聞してもらい、査定額を付けてもらうことになるのですが、悪質な業者の場合は、一括査定サイトで付けた査定額よりも、かなり低い査定額を付けてくることもあるため、事前に業者の評判を調べておくことは、重要な作業となってくるのです。

 

その後は、不動産業者が買い手を見つけてくれるまで待つことになります。その間、様々な報告が不動産業者から入ってきますが、前述の通り、あまりにも多数の不動産業者に買い取りを依頼していると、その分だけ報告も莫大な量になります。このようなこともあり、やはり、買い取りを依頼する不動産業者の数は、できるだけ絞り込んだ方が良いと言えるでしょう。